鳥取大学医学部附属病院
診療支援技術部歯科口腔外科技術領域
副部長  中力 直樹

関西広域連合 研究成果企業化促進セミナー
発表タイトル: 歯科治療の安心感を高める新発想歯科用マウスピース
 
発表内容: 歯科治療時に鋭利な切削器具等により偶発する頬粘膜切創への歯科医療従事者や患者の不安感を軽減する器具。患者に負担が少なく装着が容易。歯科治療の安心感の向上に貢献。
 
口頭発表日時: 2月15日 (水)  12:40 ~ 13:10
 
口頭発表会場: セミナー会場C (インテックス大阪 5号館)
研究内容の概要/特長
歯科治療時に切削器具で頬粘膜を傷つける事例がある。しかし、有用な器具が存在していない。そこで、患者に負担をかけず、容易に着脱できる保護用器具を開発して、これらの課題解決を図る。本器具の開発により頬粘膜損傷に対する患者、医療従事者双方の安心感の向上を目指す。
また、本器具の応用により意識障害者等に発生する頬粘膜咬傷防止も期待される。
想定される応用分野
1歯科治療関連
歯科、障害者歯科、訪問歯科診療
2意識障害者等の頬粘膜誤咬防止用
脳外科病棟、集中治療室、障害者施設、高齢者施設、
 介護関連

発表者プロフィール 所属機関HPへ
 1992 岡山歯科技工専門学院卒業
 1993 広島大学歯学部附属病院歯科技工士研修科修了
 1993 岡山大学歯学部附属病院 技術補佐員歯科技工士
 1996 (財)淳風会大供診療所歯科 歯科技工士
 1999 高知県腎バンク協会事務局長兼高知県臓器移植コーディネーター
 2007 鳥取大学医学部附属病院歯科口腔外科歯科技工士
 2015-現在 鳥取大学医学部附属病院診療支援技術部 副部長
(敬称略)
※都合により発表者、プログラムの内容が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※セッションの録音、写真・ビデオ撮影などは一切禁止させていただきます。
※上記情報は来場ユーザーから発表者への事前アポイント申請用に公開しています。
 それ以外の目的(セールス等)で無断に使用・転載する事を固く禁じます。
Copyright © by Reed Exhibitions Japan Ltd. All rights reserved.